Category:

初めての青色申告(確定申告)

2021年6月に会社員からフリーランスに転向したのですが、この記事は、初めてフリーランスとして確定申告を実施するにあたって、その内容をメモっておいたものになります。 2021年12月までほとんど何もしておらず、この記事を書きながら作業を進めている状況です。確定申告が完了するまで随時追記していきます。 青色申告とは 青色申告とは、複式帳簿を記帳した上でそのデータをもとに確定申告を行うことで、さらにe-Taxを利用して電子申告することで最大65万円の控除を受けることができる制度で、フリーランスであれば誰もが利用する制度だと思います。 具体的には、以下の対応を必要があるようです。 青色申告承認申請書を税務署に出す 私は開業届けと同時に出しました 開業から二ヶ月以内に出す必要があるようです 日々の取引を複式帳簿で記録する 確定申告書類を作成する 決算書3枚と貸借対照表を作成する 作成した書類を元に Continue Reading

Posted On :
Category:

husky v7とlint-stagedでコミット時にリント実行

以前から husky と lint-staged を使ってコミット時にリンターを実行していたのですが、huskyのバージョンがv7に上がってから、設定方法が少し変わり、pakcage.jsonだけで完結しなくなったので、改めて設定方法を紹介します。 インストールと初期設定 自力でゼロから設定するのは結構難しいですが、huskyとlint-stagedをインストールして、サンプル初期設定を作成してくれる便利なコマンドが提供されていますので、これを実行します。 npx mrm@2 lint-staged 実行結果は以下の通りです。 package.jsonに以下が追加される huskyの初期化スクリプトを実行する設定が "scripts": { "prepare": "husky install" }, => npm insta Continue Reading

Posted On :

PrettierとESLint・Stylelintの併用

フロントエンドのアプリケーションを構築していて、リンターとフォーマッターをどのように設定するのがベストなのか自分なりに調査しました。 結論 まず最初に、自分がベストだと思う設定方針を書いておきます。 開発時 一般的なスタイルに関する問題 Prettier でフォーマットする ファイル保存時に自動フォーマットする 言語毎のコード構造に関する問題 JavaScript や TypeScript については ESLint で、CSS や SCSS については StyleLint でリント&フォーマットする Prettier と競合するルールは無効化する エディター上でリント結果のワーニングやエラーを表示する ファイル保存時に自動フォーマットする コミット時 pre-commit のタイミングでリントを実行して、エラーならコミットできないようにする Prettier + ESLint + Styl Continue Reading

Posted On :